地球から学ぶ情熱の極致

誰もかなわない存在。

それが地球。

だと思ってる。


地球ってさ。

地球含めた地球上のもので、一番穏やかだよね。

なのに地球って時速1700㎞で自転しているんだ。

日常生活の中でそんな速さ、誰も感じないけどね。

そりゃそうさ。

科学の観点から言えば、地球と同じスピードで僕らも回ってるんだから、感じなくて当然なのさ。


でもね、ほら、

宇宙から見た地球だってとっても穏やかじゃないか。


ああ、穏やかに見えても、スピードが速いものってあるんだってこと、地球が証明してくれたね。


あと、地球はとっても冷静さ。

朝、人が動き始める前の、夜明けの時間、そこにはただ静寂があるんだ。それは誰でも知ってる。霧霞むあたり一面に、響き渡る虫の鳴き声。そんな情景が人々の心をとても落ち着かせてくれる。

だけど地球はどんなものよりも情熱的さ。

熱いんだ。そう、内側の内側にはマグマっていうとっても熱いものを秘めている。

時々山が噴火してその姿を見せるけど、普段はそんな姿を私たち人間には見せてくれない。


そう、誰に知られなくても、彼は誰よりも熱い情熱を秘めている。

しかも彼の日常はとても静まり返って落ち着いている様さ。


僕たち人間は、いつも勘違いしているね。

速い人はいつも走っている。

情熱的な人はいつもメラメラしている。

そんな風に僕たちは思っている。


だけど本当はその逆さ。

本当に速い人は、ゆっくりと歩いているように見える。

情熱的な人は、誰よりも静けさを好んでいる。


地球がそうなのだから、人間もきっとそうなんだろうって僕は思うんだ。


YUTAKA.
#地球 #情熱 #速さ #真実 ##


0コメント

  • 1000 / 1000